2013042306.jpg

 

お腹周りが冷えやすくて、なかなかサイズダウンしません。

 

先日ダイエットエステでオススメされたのが、お風呂でのリンパ解しです。

 

お腹をつかんでカラダを少し動かすだけなので、マッサージや運動が苦手な人でもすぐできますね。

 

カラダが温まるバスタイムに行うことで、リンパな血液の流れがよくなってダイエット効果がアップするようです。

 

ダイエットエステのカウンセリングで、とにかくシャワーだけではなくて、湯船に浸かるように言われました。

 

その時にリンパ解しをするといいとアドバイスされたんです。

 

そもそもリンパとはカラダに溜まった老廃物を運ぶ下水管のようなものです。

 

リンパや血流が悪いとむくみを起こして、周りの筋肉の働きも落ちてしまって、脂肪やセルライトが溜まる原因になりやすいそうですね。

 

それに姿勢の悪さや冷えが加わると、ますます脂肪が溜まる悪循環になります。

 

ダイエットエステの施術でも、お腹のセルライトをほぐす時間が長かったように思います。

 

だからお腹周りをほぐして巡りを高める必要があります。

 

むくみが取れてすぐにサイズダウンしますとのことですけど、マッサージだけでなく体を動かして筋肉にもアプローチした場合です。

 

ダイエットエステの施術でも、セルライトをほぐした後には、筋肉に電流を流して刺激していましたから、同じような効果があるのかもしれないです。

 

ダイエットエステだけに頼るよりも、自分でも努力することで、早くお腹の脂肪をとりたいですね。

 

参考サイト⇒仙台 痩身エステ

2013040106.jpg

 

糖質オフの利点は、心が落ち着くこと。

 

糖質を過剰にとって血糖値が急上昇するとインスリンが大量分泌されて、その働きで血糖値は急降下します。

 

血糖値が低くなると、ブドウ糖を必要とする脳が血糖値を上げようとして、アドレナリンなど交感神経の働きを活発にするホルモンを分泌します。

 

その結果イライラするんですね。

 

でも糖質オフだったら血糖値上昇が緩やかになるので、その後急降下が起こらないのでイライラしないのです。

 

すぐお腹が空く悩みも糖質オフで解消が可能です。

 

米などの主食は消化吸収が良くて、早く空腹になりやすいですけど、糖質オフのメニューだったら食物繊維が豊富でタンパク質も多めです。

 

その分消化吸収に時間がかかって、満腹感が長く続きます。

 

糖質を控えると脳のエネルギー源が不足しように思いますけど、人はアミノ酸などを減量に必要なブドウ糖を肝臓で作れるので、大丈夫なんですね。

 

キャベツダイエット、鍋ダイエット、ショウガ豆腐ダイエット・・・

 

聞いたことのあるダイエット法ですけど、これらも実は糖質オフなんですね。

 

だから効果が出ると評判だったのかもしれません。

 

血糖値を上げない糖質オフの食事は、主食の選び方を変える必要があります。

 

食後の血糖値には、ご飯~の影響が多いですし、最近のお米は消化されやすく血糖値が上がりやすいので、遅い時間は気をつけないといけないですね。

 

単独で糖質をせっしゅするよりも、野菜やタンパク質、脂などと一緒に食べるほうが血糖値があがりにくいことを覚えておくといいですね。

 

 

参考サイト⇒痩身エステ 美脚骨盤ダイエットエステ

2013042201.jpg

 

朝食は菓子パンを食べて、昼食はおにぎり、合間にクッキーをつまんで、夜はパスタ・・・

 

気軽にとれる炭水化物やお菓子が中心の食生活は、デブのもとです。

 

炭水化物は同じ重さの油に比べてカロリーは低いは砂のに、どうして太るのか?

 

カロリーが高ければ太るわけではないそうです。

 

太りやすさを決定するのは糖質の量。

 

米やパンなどの主食、穀物や砂糖を主原料とする丘氏はどちらも糖質の固まりです。

 

それをたくさん食べて入れば太って当然なんですね。

 

糖質が問題なのは、取り過ぎるとインスリンが大量分泌されるためです。

 

インスリンは血糖値を調整するホルモンで、血糖値が行って以上に上昇すると分泌量が急に増えるんです。

 

このとき筋肉細胞が血統を利用しますけど、余ったものは体脂肪として蓄えられるんです。

 

だから太る原因になるのですね。

 

だから糖質オフを実施すればインスリン分泌は増えず、カラダは脂肪の蓄積モードから消費モードへと変わっていきます。

 

夜だけ糖質オフにしても効果がでるそうですから、早速取り入れていきたいですね。

 

 

参考サイト⇒スリムビューティーハウス 口コミ痩身エステ 北海道

2013050503.jpg

 

①お腹周りの過剰な脂肪の蓄積が防げる

 

脂肪はあまり動かず安定している場所に蓄積する性質があるそうです。

だから活発に動いている筋肉の周囲では脂肪はたまりにくいんですね。

お腹周りの筋肉を動かすこと。

それがお腹周りに過剰な脂肪が蓄積されるのを防ぐことになります。

 

②姿勢が良くなることでお腹がたるみにくくなる

 

お腹の筋肉が同周りをコルセットのように支えて姿勢を維持するため、内臓がしっかりと支えられて、ぽっこり前に突き出したりしなくなります。

お腹に針も出るため、脂肪もたるみにくくなります。

 

③血流が良くなりお腹のむくむが取れる

 

筋肉の動きを押されて、血管やリンパ管が刺激され、ポンプのように体液の流れが促されます。

普段からお腹の筋肉がよく動くようになると、お腹周りの血流やリンパの流れがよくなって、むくみが解消します。

 

④腸が動きやすくなって便秘が解消する

 

お腹の筋肉は内臓をマッサージする作用も担っています。

筋肉がよく動けば、腸や肝臓がマッサージされて血流が良くなって、機能もアップします。

腸の働きが改善するため、便秘解消効果も期待できます。

 

 

これがお腹の筋肉がきちんと使えていると、お腹のラインがスリムになる四つの理由です。

 

 

参考サイト⇒痩身エステ 男性痩身エステ 安い

2013042204.jpg

 

筋肉は動いているのが本来の姿です。

 

よく動く筋肉は、筋力や代謝が高い元気な状態が保たれて、まわりにも余計な脂肪がつきにくいですね。

 

筋肉が元気だったら、自然に姿勢が良くなるから、お腹の脂肪がたるみません。

 

血流や内臓の働きも活発になるので、冷えや便秘、むくみにも効果的です。

 

だからいいお腹になるための基本は、お腹の筋肉を良く動かすことだと言うことですね。

 

お腹の筋肉を動かすと言えば、腹筋運動を思い浮かべます。

 

ただ筋トレで動かせる筋肉は限られているから、一日中やっているわけにもいきません。

 

一日の体の動かし方が重要になるってことですね。

 

日常的によく歩き、こまめに体を動かす。

 

普段の生活の中で、お腹も含めた全身の筋肉を満遍なく動かすと、年を重ねても崩れないボディーシェイプが保てるのですね。

 

きれいなお腹のラインを維持している人はこんな生活習慣なんですね。

 

・普段から美しい姿勢を心がけている。

 

・野菜を中心にバランスよく食べる。

 

・趣味を持ってストレス対策もばっちり。

 

・エスカレーターより階段を使う。

 

・煙草を吸わないし、お酒もほどほど。

 

・早寝早起きで、睡眠時間をしっかり確保。

 

・毎日歩くことを心がけている。

 

・食べすぎたら、次の日に減らしたりとこまめに調整。

 

 2013041911.jpg

 

参考サイト⇒痩身エステ 静岡市

2013041808.jpg

 

お腹の脂肪なんていらないと思ったりもしますけど、実はこの脂肪も女性にとっては非常に大切なんですね。

 

体脂肪は女性ホルモンに大きな影響を与えています。

 

だから脂肪が減りすぎるとホルモンが出なくなって、月経が止まることもあるんです。

 

不妊の心配もありますよね。

 

それだけでなく、脂肪には内臓を守って、保温をする役割もあります。

 

支給や卵巣をもつ女性にとっては、お腹の脂肪はとても大事なんですね。

 

女性は男性と比べても圧倒的にお腹の脂肪が多いんです。

 

健康な女性のお腹の脂肪は3センチ弱の厚さがあるのが普通なんです。

 

大事大事と言ってきたお腹の脂肪ですけど、過剰過ぎても女性ホルモンが出なくなったりします。

 

少なすぎもせず、多すぎもせずというのが理想的ということになりますかね。

 

例えば脂肪の量が適切でも、人によっては垂れて見えたりしますけど、姿勢の問題でお腹まわりのシェイプが崩れている人が多いようです。

 

崩れた姿勢と言えば、猫背でお腹がたるむ姿勢と、腰が反ってお腹を突き出す姿勢があります。

 

猫背だと少しの皮下脂肪でもたれて見えますし、腰が反っていれば内臓が毎にせり出して下腹がポッコリと膨らんでしまいます。

 

まぁお腹まわりの筋肉がしっかりと働いていないということでしょうけどね。

 

お腹の筋肉が弱っていると、内臓を支えられなくなって、内臓がせり出す原因にもなります。

 

そのうえ、弱った筋肉の周りには新たに脂肪細胞が生まれることもあります。

 

これでは適度な脂肪とは言えませんからね。

 

うっすらと脂肪で覆われてさわり心地も柔らかなお腹。

 

しわやたるみがなくて、しなやかなシルエットのお腹。

 

姿勢が正しくお腹もまっすぐ前を向いているお腹。

 

こんなお腹を目指したいですね。

 

 

参考サイト⇒痩身エステ 埼玉痩身エステ 千葉

2012121907.jpg

 

体の中で気になる部位はいろいろありますけど、やっぱり悩ましいのはお腹ですよね。

 

最近はお腹をカバーしてくれるチュニックを愛用しているので、ゆったりした洋服でお腹をカバーしています。

 

でも隠しているってことは、たるんだお腹をそのままにしているわけですからね。

 

やっぱりしっかりと引き締める努力をする必要がありますね。

 

だってお腹は体を支えて、内臓を守る大切な部分ですから・・・

 

でもダイエットで体重は減っても、ぽっっこり飛び出た下腹が残ったりとか、冷えや便秘が悪くなったりと、なかなか理想的なお腹を手に入れることができません。

 

きれいなお腹になるには、ただ脂肪を減らせばいいわけではないですよね。

 

やみくもに食事を削るダイエットは体にダメージを与えかねませんし、実はお腹もカッコよくなりませんからね。

 

しかも年齢を重ねると、さらに表面化してしまいますからね。

 

ウエストを意識すればいろいろと着こなせる洋服のバリエーションも増えますから、がんばってお腹を締めて脂肪をとりたいですね。

 

 

参考サイト⇒横浜 痩身エステ